地球環境にも配慮しながら
日本の工業を支えていく

2019年8月に創業70年を迎えた工業炉メーカー。同社が製造した工業炉から自動車、飛行機、船舶、橋梁、アルミ缶など大小さまざまな製品が製作されている。特に「溶解炉」は国内トップクラスのシェア。近年、世界的に温室効果ガスによる地球温暖化が問題となっているが、同社が開発した工業炉「Super S-MIC」は、アルミの溶解工程においてCO2を発生させないオール電化の工業炉で、工業炉という生産設備を通して環境問題にも取り組んでいる。
一人ひとりがお客様の要望をかなえるために主体的に考え、行動し、若手社員にも活躍できる場が多い社風。また製品の多くはお客様の要望に合わせて製作するオーダーメイドの炉であるため、毎日がチャレンジの連続だ。お客様や協力会社と密接に連携しながら設計・製作方法を最適化するため、改善提案を積極的に行い、お客様に満足いただける工業炉の製作に一丸となって取り組んでいる。
グループ企業やオーダーは世界に広がっており、グローバルなフィールドで活躍することも可能。社会人として、国際人の一人として、常に向上心をもち続けることができる環境だ。

日本の工業界に貢献できる
そのモチベーションで勉強中

高校時代からモノ作りや金属加工に関心があり、三建産業に入社をしました。1年目は工事部のサポートをする工務部に配属、2年目はデザインテクニカル部に配属され、CADを使って2Dや3Dの図面作りなどを勉強しました。3年目の今は第二技術部でアルミ熱処理炉関連の設計をしています。
お客様の希望によって設計は変わりますし、アルミ以外の金属の特性によっても必要とされる炉は違います。図面を仕上げ、当社のグループ会社である工場で炉として製品化され、その炉が現場に据え付けられて稼働しているところを見ると、この仕事の一番の充実感を感じます。
早く全てを任せてもらえる一人前になりたいですね。そのためにもいろいろな仕事を経験して、自信と技術を身につけていくことが大切だと思っています。
(技術本部 第二技術部 谷口 一平さん)

会社概要

設立 1949年8月
代表 大田 公生
資本金 9,500万円
社員数 172名(男性150名、女性22名)
初任給 修士卒228,100円、大卒・高専卒(専攻科)207,000円、高専卒(本科)186,000円ほか諸手当
休暇休日 週休2日制(土日)、祝日、年末年始、GW、夏季休暇、年間休日127日(2019年度)
福利厚生 退職金制度、財形貯蓄制度、従業員持株制度、借上社宅制度、育児休暇制度、社員旅行など
エントリー 広島市安佐南区伴西3-1-2
TEL:082-849-6790
https://www.sanken-sangyo.co.jp/
Dカンパニー広島は就職活動を考え始めた学生に贈る企業情報誌です。
※広島のD'companies(Dカンパニー)=ダイヤモンドカンパニーの略称です。
Copyright 2020 Dcompanies(Dカンパニー)